2022年06月01日

2022年6月1日〜6月6日 airi maeyama solo exhibition

airi maeyama solo exhibition

あなたまで遠い
I'm far from you.

202206maeyama.jpg


2022/ 6/ 1(水)〜 6/ 6(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:プチホール

6月1日に活動9周年を迎える記念として、
大きめの作品たちの展示会を開催致します。
総点数は多くはありませんが、
自身の作品制作で根幹となっている
過去作品から、大阪では初展示の作品まで
おおよそF6〜F50号のものが揃います。
又、アパレルブランド「 barohoma 」様との
コラボレーション作品の展示・受注も行います。

barohoma 様
Twitter @barohoma
Instagram @barohoma



〈作家プロフィール〉

airi maeyama

画家
福岡出身、大阪在住。
2013年より定期的な個展開催を中心に
イベント参加などで活動中。
instagram @airi_maeyama
twitter @mal_mellow

 maeyama1.jpg

 maeyama2.jpg

 maeyama3.jpg



〈ステートメント〉

人体に植物が生え、物質や物体が繋がり、在るべき所に無く、
本来別個体同士がひとつに融合し混ざり合う。
地に足はついている筈なのに、夢想的。
そんな独自の作風を通して、自分の内側にもつ
「言葉だけでは表し難い、曖昧な感情や世界観」を表現しています。

それは「曖昧さ」や「矛盾するもの」、
「普通(世間一般、大衆が定義づけしたもの)では無い何か」に対して
『受容れること』であると感じています。

美醜、優劣、その他、比較という枠組みに囚われない『曖昧な世界観』は、
「後ろめたさの薄暗い部分を受け容れ、自己肯定に繋がるもの」と考え、
それ故に「曖昧さ」を主体において描き続けているといえます。

「人物の顔(表情)を全て描かない事で、作品自体の感情を明確にしない。」
という意図を持って常に描いております。
自身の表現している「曖昧さ」を追求する為であり、それと同時に
見る人によって受け取り方、感じ方の余白を増やしたい事も理由の一つです。
作品自体のもつ感情、あるいは思考そのものとして描いています。


【展示風景】
IMG_8656.jpg

IMG_8656 (1).jpg

IMG_8656 (2).jpg

IMG_8656 (3).jpg

IMG_8656 (4).jpg

IMG_8656 (5).jpg

IMG_8656 (6).jpg

IMG_8656 (7).jpg

IMG_8656 (8).jpg

IMG_8656 (9).jpg









posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2022年6月